メインメニュー 左端
メインメニュー 右端

最後の頼り処 「響」の鍼灸

うつ 抑うつ そううつ などで
お悩みの あなたへ

鍼灸経絡(けいらく)施術 ならば、うつ症状 が改善し、
お薬も不要になることが多いです。
一度の施術で実感できますよ。

お試し頂くため、鍼灸経絡施術(全身施術) の
● 初回 1,000円値引きキャンペーン &
● 初回問診料 無料 ホームページ予約特典
を実施中!

詳しくは このページ下の施術メニュー欄 ▼

  • こんな症状でお悩みではありませんか?
  • うつ (欝) 」には次のような症状があり
    人により現れる症状は異なります。

  • 落ち込む やる気が出ない 憂鬱 抑うつ
  • 楽しいことが思いつかない、ワクワクしない
  • 楽しかったことをしても、今は楽しく感じない
  • 不安感や焦りが晴れない
  • 眠れない、不眠、頭痛、、、

あなたにも、思い当たる症状はありますよね?
重度な うつ の症状で長年悩んでいた患者さんから
お喜びの声を口コミサイトへいただきました。

エキテン 口コミサイト より転載
死の淵からの救出劇を実現くださった名医

会社員のわたしは原因不明の身体不調、精神不調に数年苦しんでいました。睡眠障害や体力低下。 感情や意識も不安定となり、身体の痛みに加え、夢遊病者のような状態に悪化。 もはや生き地獄の世界。自殺を考えるくらいに酷い状態に転落。
西洋医学の病院では明確な原因や施術法を示されず、日常生活もままならない。 ネットや書籍には膨大な医療の情報が溢れ、 信頼できる情報がわからず混乱するばかりで途方に暮れていました。

そんな八方塞がりの絶望の状態から訪れたのが、響さんでした。
自律神経疾患やうつ病を得意とするとのことで、藁をもすがる気持ちでドアをノックしました。

先生は、私の体調悪化の原因をIT機器の過剰使用による過労及び、 不規則な生活の蓄積疲労であることを端的に指摘してくださりました。
休職し、長期療養をし、鍼灸施術を行いつつ、 健康的な生活を行うことで回復できることを明快に示して頂きました。

絶望の暗闇の中に、一筋の光明が射しました。

病気の原因や中長期的な施術プラン、鍼灸の施術効果のみならず、 生活習慣の改善方法や西洋医学の医者との連携の仕方等を 包括的に提示してくれたことが有益でした。
先生は多くの悩めるビジネスパーソンを患者に抱えていることに加え、 若かりし頃は、世界をまたにかける総合商社マンとしてビジネスの世界で活躍されていた方です。
会社員の考えや視点を熟知した上で、問題対処に向けた適切な助言や励ましを与えて頂きました。

施術を開始して半年が過ぎました。 回復過程の途中ですが、着実に回復に向かっていることを実感しています。
睡眠障害がなくなり、痛みも和らいでいます。 日常生活で出来ることも増えました。
絶望感が消え、前向きな意欲が戻って来ました。 健康を取り戻し、社会復帰を果たすことが目標です。

現代ではグローバル化や情報化が進み、夜型の生活が進みました。 ビジネスパーソンは否応なしに影響を受けています。
しかし、皮肉にも人間の健康を損なうリスクの高い社会が誕生しました。 過労死、精神疾患、脳疾患、心臓疾患の患者は急増しています。 その影は全てのビジネスパーソンにヒタヒタと近づいています。

自分には無関係と思っているませんか?
あなたも知らぬ間にストレスや蓄積疲労で蝕まれています。 こうした現代病は西洋医学だけでは対処できていないのが実情です。
原因不明の異常を身体や心に感じたとき、響さんにご相談することをオススメします。

(上記は、重度の症状の方の口コミですが、
 通常は、 1回から10回程度の施術で終わります。)

あなたのお悩み うつ症状 の原因とは?

うつ症状 」の最大の原因は、
頚の深部筋肉が、こり硬くなることです。
その頸コリが、自律神経(交感神経)に悪影響を与え、
様々な症状を引き起こすのです。

このことは、医師の松井孝嘉 先生の著書
『1日5分 副交感神経アップで健康になれる』(朝日新聞出版)に
詳しく書かれています。

また、最新の研究成果として、
眼の疲労も、自律神経(交感神経)に
悪い刺激を与えることが明らかになっています。

学術誌『医道の日本』へ論文掲載の写真 私の長年の治療経験から提唱している
「頸のこり と 眼の疲れ の複合が、自律神経失調の主な原因」
その治療法である鍼灸経絡(けいらく)施術について執筆した論文が
学術雑誌『医道の日本』に掲載されています。

「頚の凝り」と「眼の疲れ」の両方を減らすことが
根本的な解決につながります。
その2つの原因に直接作用をできる施術は、
鍼灸経絡施術 だと自負しています。

うつ症状 の原因「頸こり」「眼の疲労」はなぜ起こる?

近年、「 うつ () 」症状を訴える大半の方の特徴は
1) PCの長時間作業などで目が疲れている。
2) 慢性的に首・肩がこっている
  (こりが酷すぎて自覚できていない方も多いです。)
3) 眠りが浅い・不眠
4) 精神的ストレスを強く感じている
などです。

このような方の 「 うつ () 」は、
脳神経に問題がある「うつ病」ではなく、
新型うつ病 」と呼びます。

先天的な うつ病 ではない方、
つまり、青年期や壮年期に発症された多くの方は、
「新型うつ病」に該当するのではと考えられます。

頸への負担をかける原因は、他にも
「視力が弱い」「姿勢が悪い(猫背など)」
「枕が合わない」 「幼児を抱っこして重心の崩れ」

などがあります。

また、冬季うつ病 」と呼ばれる
冬の寒い時期のみに症状が出る うつ病
は、
頚の日常的な こり に加え、
寒さにより頚の筋肉がより固くなるため
症状がでるものと考えられます。

「新型うつ病」「冬季うつ病」などには、
脳神経に作用する 抗うつ剤 などの効果は限定的です。

頚の深部筋肉を柔らかくし、
交感神経に対する悪影響を無くすることが重要です。

うつ症状 の原因「頸こり」「眼の疲労」の解消方法は?

鍼灸経絡施術 は、
頚の深部筋肉を柔らかくし、
眼の疲れを軽減して
交感神経に対する悪影響を無くすことができる
唯一の鍼施術です。

つまり、「 うつ ()症状 」に働きかけられる 鍼施術 は、
経絡施術 だけです。

若く、発症してから日の浅い方は、少ない施術回数
場合によっては 1回の鍼灸経絡施術ですむこともあります。

発症してから何年も経っておられる方でも、
鍼灸経絡施術を受ける度に、改善していくのを感じます。

抗うつ剤を 1〜2ヵ月間服用しても症状が改善しない方も、
ぜひ早めに 鍼灸施術 をお始めください。

原因が「頸こり」「眼の疲労」ではない、うつ病 について

また、脳神経の活動低下に起因する
いわゆる「うつ病 ( 鬱病 ) 」に対しても、
鍼灸経絡施術 は、経絡(気の流れる道)を通して
脳神経を活性化させ、うつ症状を大幅に改善します。

うつ () 」なら、
まず 鍼灸経絡施術 を受けてみましょう。
薬は不要になるでしょう。

作られる うつ病患者
最近の後天的な「うつ病患者」は、
過度のパソコン作業などにより
頸の深部筋肉が硬くなり、 自律神経(交感神経)を緊張させ
うつ症状に苦しまれる方が多いと、推察されます。

このような方が心療内科を受診すると
「うつ病の判断基準」により、
簡単に「うつ病」と診断され、抗うつ薬を処方されます。

ところが、
頚筋の緊張(こり)による自律神経性のうつ症状には
抗うつ薬は効果が無いばかりか、
その依存性により、抗うつ薬を必要な体にしてしまいます。
つまり、本当のうつ病患者にしてしまうわけです。

平成26年 4月 5日号の「週刊現代」の記事に
「特効薬を販売したらうつ病患者が2倍に急増!」
とありますが、要は、製薬会社と医者により
うつ病患者が作られているということです。
十分に注意してください。

がんばり続けて、ムリを重ねていませんか? ストレス や 疲れ を、溜めこんでいませんか?
あなたも、
・お仕事やノルマに追われて長時間働いたり、
・ご家族や大切な人のために、家事に追われる など
充分に、休息が取れていませんよね?

自分がやりたいことや楽しいことを、諦めていませんか?

自分の楽しみを我慢して、
みんなのため、懸命に お仕事、家事、育児に努める。
それは、素晴らしいことです ! でも、、、

うつ 鬱病 うつ病 自律神経失調 更年期障害 肩こり 頭痛 めまい 神経痛 しびれ 膝痛 不眠 は、あなた自身の身体の泣き声ですよ!
「このままじゃ、身体が壊れちゃうよ!」
と訴えているのです。

今までの生活の積み重ねで、
お身体が泣き声を上げるまで、悪くしてしまったのです。

「もうちょっと様子見てから」などと思っても
うつ こり 頭痛 不眠 などの原因となる
自律神経の乱れ、疲れ、ストレス を
無くさない限り、いつまでも解消されませんね。

酷くならないうちに、
あなたの身体の泣き声に耳を傾けてあげてくださいね。

あなたにも、こんなお悩みありませんか? - うつ 鬱 - 品川区 上大崎 目黒駅 鍼灸 マッサージ「響」 がお手伝いします。

うつ・自律神経・不定愁訴の第一人者

鍼 ( はり ) により、全身の気血の巡りを調整しつつ
自律神経のバランスを整えます。

(うつ) 」は、
鍼 ( はり ) の中の 経絡施術 でないとできません。

鍼灸経絡施術 では、次のステップで、
(うつ) 」に働きかけていきます。

1) 人体の経絡への刺鍼
  気の流れを良くし、自律神経のバランスを整えます。
  ストレスが軽減されるのを感じるでしょう。
2) 頭のツボへの刺鍼
  ドーパミン、セレトニンなどの
  脳内神経伝達物質の分泌を改善します。
  うつ・そううつ気分が改善するでしょう。
3) 筋内部への刺鍼
  頸、肩、背中などの凝りをとれ、
  頭痛、不眠、めまい、胸苦しさなどが改善するでしょう。

ところで、鍼 は、「痛い」と思い込んでいませんか?

細さ わずか0.16mm 経絡治療用の鍼 当院の 鍼 は、凄くすごーく細いものを使用しています。
わずか 0.16mmしかありません。
あまりに細いので、痛みを感じる神経をよけてしまいます。
痛みを感じたくても、感じられませんから、安心です。

実際は、体が温かく感じ
リラックスして ウトウトと眠くなってしまいますよ。


ご来院
目黒駅から徒歩 2分と 駅から近い大変便利な 東和ビル 2階です。
エレベーターがあるので、
体調が悪い時も安心です。
お車の場合は、東和ビル正面の目黒通り沿いの 路上コインパーキング
自転車・バイクの場合は、 東和ビルの裏手に駐輪してください。


受付け
「ホームページから予約した、○○です。」
お申し付けください。
予診票をお渡しします。

予診表へ記入
待合室の椅子にお座りいただき、お待ちください。
その際、予診票へのご記入をお願いします。
予診表には、「台所で野菜をかがんで持ち上げるだけで腰が〜」 「パソコンで長時間の仕事をしていると、目や頭が〜」など 具体的にご記入いただきますと、より的確な施術ができます。
ご遠慮なさらず、いろいろお書きください。


問診 問診・検査 (初回は約15分)
初回には、お悩みの症状の経緯を詳しくお聞きし、 その症状の根本原因を、ご一緒に検討します。
そのため、生まれてからの事故歴、運動歴、治療歴などもお聞きします。
場合によっては、体を動かしたり、関節を曲げたりして、検査をします。

鍼治療の説明
症状の根本原因に対する、治療方法と治療内容をご説明いたします。


洗濯・殺菌済の患者着 患者着に着替え
患者着をご用意したありますので、どんな服装で来院されても大丈夫です。
上半身のお召し物を脱いで、下着の上に、患者着をご着用ください。
患者着を着ていただくことで、 施術中の接触機会を減らし、感染を予防しています。
髪の毛が長い方は、ヘアクリップやシュシュなど、 髪をまとめる物をお持ちください。
カーテンで仕切るので、プライバシーは守られます。


施術ベッドで鍼治療
施術ベッドには、新品の清潔な使い捨てベッドカバーと 使い捨て枕カバーを使用しています。
ゆったりリラックスして施術を受けてくださいね。

鍼治療の手順
【鍼灸経絡施術】の場合
脈診 1) まず、ベッドに仰向けになっていただきます。
体の中の気血の流れの状態を診る為に、
両腕の脈の状態を診ます。
さらに、お臍の周りを押して硬さを診ます。
どの経絡に異常があるかが解り、症状の根本原因をお探しします。

手、脚、頭への刺鍼 2) 自律神経失調症 や うつ症状は、
首こり と目の疲れ により、
頸の筋肉の中を走る自律神経(交感神経)が、刺激を受けているののが原因です。
そこで主に、眼の周りのツボに鍼を 2mm程度刺して、
そのまま 3〜14分程度お待ちいただいてから、
全ての鍼を抜きます。

3) 次に、うつぶせになっていただき、
頸の周り、後頭部、肩、背中、腰、 などのツボに浅く 1〜2mm程度に鍼を刺します。
そのまま 3〜14分程度お待ちいただいてから、
全ての鍼を抜きます。

4) 起き上がっていただき、
症状の改善具合をお聞かせいただきます。

5) 症状が残っている場合は、
必要に応じて部分的に鍼を刺します。
鍼灸経絡治療(全身)の施術時間は、50分前後です。


着替え
患者着から、ご自身の服へ着替えていただきます。


カウンセリング
治療を通じて知り得た お身体の状態、 症状の原因をご説明いたします。
日常生活での注意事項等もご説明し、ご質問などにもお答えします。
今後の治療頻度、必要と思われる回数などもご説明いたします。
ご希望があれば、次回のご予約 を承ります。
ご予約 は後日、電話Web予約 からでも構いません。


会計・次回の予約
受付けにてお会計していただき、領収書をお渡しいたします。
この領収書は、確定申告される際、医療費控除に使えます。


以上が、予約 〜 施術 の流れになります。
特に、大変なことはありませんね。
安心して、鍼灸マッサージ「響」まで、お越しください。


経絡鍼灸施術を、詳しく知りたい方には、
院長 山本 が、講師をさせていただいている
鍼の臨床家・鍼学校の先生向けの
講習会の原稿を電子メールにて差し上げます。

お問い合せ ページの「ご相談 お問い合せ」欄へ
原稿を希望」とご記入の上、送信してください。

悩み続けていないで、体験してみませんか? 鍼灸 マッサージ 響 評判を聞きつけた 欝 の
患者さんが、毎日 何人も来院されています。

皆さん、こうおっしゃいます。
「病院で診てもらったら、
 「お薬を飲んで様子をみましょう」と言われ
 お薬を飲み続けています。
 でも、やる気が出ないし・・・」

そんな患者さんでも 約 8〜9割 の方は、
はり の 鍼灸経絡施術 を受けられた後に

「楽になりました。 ありがとうございます !
 もっと早く来てればよかったです。」

私も嬉しくなることを言って帰られますよ。


あなたと同じ うつ 鬱 抑うつ 新型うつ で 悩んでいた方が、今はどんなに良くなったか、知っていますか?

鍼灸 マッサージ「響」 で、
毎日が楽になった方や、
諦めていた 趣味 旅行 スポーツ を楽しめるようになった方
お喜びの声を聞いてみてくださいね。

34例もの症例を、お集めいたしました。
年齢・性別・職業・お立場 など様々な方たちの記録です。
あなた に、あてはまる症例も、きっと見つかると思います。
どのように回復していったか、ご確認ください。

下記は、あくまで個人の感じたことの記録です。
結果を保証するものではありませんのでご了承下さい。

うつ病(鬱病)
男性 40歳 会社経営者

心療内科に受診しており服薬中の方。
責任者としてのストレスが大きいのでしょうね。
仕事への意欲がわかず、疲れやすく、少し不眠で、肩・背中・腰の こり で来院されました。
1回目の施術で、「夜よく眠れるようになった」と言っていただきました。
その後週 1〜2回のペースで、10回の施術をおこないました。
肩・背中・腰の こり も楽になり、仕事のやる気も出てきて、よかったです。

うつ病 鬱病 自律神経失調
男性 38歳 公務員

8年前にうつ病と診断され、現在休職中の方です。
抗うつ薬を服用しているが改善せず、
やる気が出ないと来院されました。

頸と肩がこり、動悸、息切れ等の症状が伴うことから、
自律神経失調 による うつ症状 と判断し、鍼施術を行いました。
2回目に来られた時に、
「気分が良く、やる気が出てきた。
 8年前の普通の状態に戻った。」と喜んでいただけました。

20代の方であればともかく、中年の方で
最初からこれほど良くなられたのは初めてで驚きましたが、
2回目、3回目と、ますます改善され、
「薬の服用停止を医師と相談する」とおっしゃってましたので、
もうすぐ復職も可能と思われます。

うつ 自律神経失調
女性 32歳 システムエンジニア

半年前から、吐き気、めまい、パニックがおこり、
頭が働かず、心療内科で うつ病 と診断され
抗うつ薬を服用しているが、
症状が改善しないと来院されました。

システムエンジニアとして一日中パソコンで
仕事をしているとのことで、
眼の疲れ と 頸の凝り が強く、自律神経失調からの
うつ症状と判断し施術を始めました。

初回の施術の夜は良く眠れ、翌日は体調も良かったとのことで、
抗うつ薬を減らしながら、
7回の施術でほぼ症状も治まり、
その後は、3ヶ月に一回くらい
頸の凝りが強くなると来院されています。

自律神経失調 うつ症状 不眠 めまい
女性 40歳 主婦

半年前から寝付きが悪く、めまい や 吐き気 がして
心療内科を受診し、抗うつ剤 他 を服用しているが、
一向に改善せず、
最近は頭がボーとして考える事ができなくなり、
何事もやる気が出なくなった、と来院されました。

頸のコリ と 眼の疲れ による自律神経失調の症状として、
不眠、めまい、吐き気が出たのですが、
抗うつ薬の服用を始めたため
その副作用として、思考できない、無気力などの
症状が出たものと判断しました。

鍼施術を始めると共に、抗うつ薬などを
少しずつ減らして頂くこととし、
1ヶ月後の鍼施術を10回終えた時点で、
症状は大幅に改善しました。
2ヶ月後には薬の服用を止られ、普通の生活に戻られました。

自律神経失調には抗うつ薬は効果がありません。
副作用ばかりが出て本当のうつ病になる方もいます。

うつ めまい 動悸 思考停止
男性 30歳 会社員

1年前から眠れなくなり、やる気が出ず、
診療内科 で 抗うつ薬 を処方され 服用しているが、
症状が改善せず、最近は めまい がしたり、
動悸がしたり、頭がぼーっとして
考え事が出来ないと来院されました。

IT関係の仕事で、眼の疲れ と 頸の凝り が強く、
自律神経失調からの うつ症状で、
頭がぼーっとしているのは、抗うつ薬 の副作用と
判断して鍼施術を始めました。

初回の施術で少し眠れるようになり、
鍼施術を行いながら、抗うつ薬を減らしていくことで
症状も改善してゆき、7回の施術で症状も治まりました。

自律神経失調 うつ 食欲不振
女性 40歳 主婦・会社員

10年来、うつ症状があり、
抗うつ薬を服用しているが治りませんでした。
首こり、肩こり、眼の疲れ、めまい、動悸、
食欲が無い、と来院されました。

頸の こり と 眼の疲れから、自律神経失調による
うつの症状と判断し、施術を始めました。

初回の施術で、うつ症状がほぼ治まり、
少しあった不安感も、すぐに消えたとのことです。
6回の施術で、全ての症状が治まり、
その後は体調の維持のため 2週間に一回のペースで
施術に来られています。

自律神経失調 うつ 眼精疲労 首こり
男性 31歳 会社員

7年前から 眼の疲れ が強くなり、気分が落ち込み、
抗うつ薬を一年半の間、服用されていました。
治まったので、一度服用は止めましたが、
4年前から三交代勤務になり、頭痛が起きてきて
仕事を一か月休養されてから復帰しましたが、
首がはり、抗うつ薬の服用を続けていると来院されました。

眼の疲れ と 頸の凝り による自律神経失調からの
うつ症状と判断し、鍼施術を始めました。

施術後、三日間ぐらいは治まり
その後に症状が戻る状態が続きましたが、
5回目から、うつ症状が治まり、抗うつ薬も止められました。
頸・肩こりは残り、頸・肩こりが気にならなくなるまでに
15回の施術が必要でした。

自律神経失調 肋間神経痛
男性 50歳 自営業

不安感、うつ症状、胸の締め付け、
手足のしびれなどで来院された方です。
いろいろお聞きしていると、1年前に
車を運転し壁に40km位の速度でぶつかる事故を起こした
とのことでした。

頸及び胸の触診の結果、
この事故で、頸のむち打ちが生じ、
頸の深部筋肉を傷めたため、
自律神経失調の症状が出て、
又、胸のエアーバッグによる打撲が
肋間神経痛を引き起こしたものと判断しました。

初回の施術で、自律神経失調の症状 胸の締め付けも軽減し、
その後の施術でも、少しずつ改善しています。

うつ症状 肋間神経痛
女性 40歳 事務職

10年ぐらい前から気分の落ち込みややる気が出ず、
不眠もあるうつ症状で悩んでいる と来院されました。
最大の体の苦痛は、胸の圧迫感とのことでした。
胸の触診の結果、永年のうつぶせ寝で
胸を圧迫していたための 肋間神経痛 と判断、
うつ症状 はこの精神的ストレスと
眼の凝り からと判断し、施術を開始しました。

2回目の施術後には、胸の圧迫感が減り、
うつ症状も改善してきました。

「10年来の苦痛が、ようやく軽くなってきました!」
と喜ばれました。
お医者さまも肋間神経痛は、なかなか分からないようです。

うつ病、頚 肩 腰 足 の痛み、神経痛
男性 53歳

10年前に左側の頚、肩、腰、足と次々に痛みが出て、
原因不明とのことで、心療内科で うつ病 と診断され、
抗うつ薬を飲み続けているが、改善しないと来院されました。
お身体を診たところ、頚・肩の痛みは筋肉の こり が原因で、
うつ症状は頚の こり、腰・足の痛みは神経痛では と思われました。
それらに対処するように鍼施術をしたところ、
3回目の鍼施術で、全ての痛みが無くなり、
うつ病 も大幅に改善されました。

この方が主治医に、鍼施術で改善したことを話すと
「最近『頚のこりが原因で うつ症状 が出る』論文が発表された」と
肯定的なお話を聞かされ
「この10年の苦しみはなんだったのか!」と愕然とされたとのことです。

完治のため鍼施術を続けておられます。

うつ パニック障害
女性 28歳 

2年前から うつ が発症、 昨年末に パニック障害 も出始め、
「電車やバスに乗れなくなった」と来院された。

頸・肩の こり が強く、頭痛、動悸、めまい、吐き気などもあり、
自律神経性の うつ 及びパニック障害として施術したところ、
最初の施術でこれらの症状が出なくなりました。
2回目の施術の後も、これらの症状は出ていないとのことです。

( 頸のこりからくる自律神経失調の症状は、
  20代の方であれば数回の施術で良くなることが多いです。)

頭痛 めまい 動悸 うつ病
男性 19歳 

来院前日に、頭痛、めまい、動悸などで心療内科で うつ病 と診断され、
薬は飲みたくないと来院されました。
座っていても、めまい がして頭が重いと言われていましたが、
初回の施術の直後に「ウソッ!」と叫ばれました。
体が軽くなり、全ての症状が無くなったとのことです。

若い方は症状の慢性化が少ないため鍼が本当によく効きます。
この方の場合も頚のこりからの症状で、抗うつ薬の効果は期待出来ず、
鍼施術が最善の方法です。

パニック障害 うつ病 頚こり
男性 35歳 ITエンジニア

5年前から最初はパニック障害が、その後 うつ症状が出て、
半年前から休職されている方が、来院されました。

1回目の施術でよく眠れ、症状も 2〜3日間改善したので
週 1〜2回のペースで施術を続けられ、
15回目頃には昼寝無しで外出もできるようになり、
仮出社もできるほど回復しました。
抗うつ薬を減らしながら、鍼施術を続けておられます。

この方も、頚筋のこりからくるうつ症状です。

うつ症状
男性 42歳 会社員

1年前にうつ症状が出て、3ヶ月前に休職された方です。
「 抗うつ薬を服用しているが改善しません。
  自殺しようかと時々考えています。」 という方が来院されました。
初回の施術では、効果が感じられないとのことでしたが、
5回目から症状の改善がみられ、12回の施術で
仕事も差し支えないまでに改善され、復職されました。
現在は、「 時々不安感が出ます。」とのことで
月に一度ぐらいのペースで来院されています。

中高年の方の場合、それまでの経過が長いためか
初回に施術効果が感じられない場合もありますが、
回数を重ねれば確実に改善がみられると思います。

そううつ病(躁鬱病)
女性 40歳 会社員

躁うつ病で、20年間働けず、実家にいて
入院されたこともある女性です。
「これからのことを考えて、何とか働けるようになりたい」
と母親に連れられて来院されました。
最初の施術で、うつ症状が
「入院施術を受けたときのようにとても良くなりました。
 施術を続けたいです」と喜んでいただけました。

5回の施術の後、
「家で一人で料理をできるようになり、
 仕事もみつけることができました!」と
母娘で喜んで報告にいらっしゃいました。
6回の施術で、いったん施術を終え、
様子をみることになっています。

うつ病(鬱病)
男性 30歳 会社員

一ヶ月前にうつ病と診断され休職中という方が、
「薬に依存せず、早く治したい」と来院されました。
1週間後に2回目の施術に来られた時に
「調子が良くなったので明日から復職します。」
と喜んでらっしゃいました。
さらに1週間後に来院されましたが、
「仕事をしていて何も問題なかった」とのことで、
私も嬉しいです。

この方の場合、発症から一ヶ月と、時間があまり経っておらず、
また、まだお若いこともあり、
このように劇的に改善されたものと思います。

うつ病 精神不安 頚こり
女性 37歳 主婦

7年ぐらい前に 産後うつ に かかり一度は治癒された方です。
3年位前から精神が不安定になり、また うつ になられました。
半年前に 2ケ月入院されましたが改善されず、来院されました。

1回目の施術で、少しやる気が出てきました。
週 2回のペースで 10回目頃には、
熟睡できるようになり、起床して家事もできるようになりました。
その後も施術毎に改善し、抗うつ剤も少しずつ減っています。

この方は、頚筋のこりから来るうつ症状でした。
入院されるほどの方が、生活を楽しめるようになる
お手伝いができて、たいへん嬉しいです。

うつ症状、不眠、めまい
男性 40歳 会社員

うつ、不眠、めまいなどで半年間、病院で施術を受けているが
改善しないと来院されました。
強い頸・肩こりのため自律神経失調となり
これらの症状が生じていると判断しました。
約 3ケ月、15回の経絡施術により、全ての症状が快癒さました。
抗うつ薬や睡眠薬も、飲む必要がなくなったとのことです。

自律神経失調 うつ症状
男性 29歳

「やる気が出ない、気分が晴れない、
  4日前に他で鍼施術を受けたが改善しない」
という方が来院されました。
背が高いためか猫背になられており、
頸が こり、自立神経失調を引きおこしていると判断されました。
なかなか目立った症状の改善がみられませんでしたが、
7回目の施術に来院された時、
「先日突然うつ症状が、全て消えました!」と
本当に喜んでいただけました。

症状の改善の仕方は、その慢性度により個人差があるので、
諦めないことが肝要だなと思いました。

頭痛 肩こり 頸こり うつ
女性 39歳 会社員(PCを多く使う業務)

時々頭痛がし、首、肩、背中、腰がこって痛く、
うつ症状気味ですと来院されました。
最初の施術でかなり調子が良くなり、
その後 3回の施術でほぼ気にならない状態に回復されました。

不安感 抑うつ感
男性 35歳 自営業

09年前半から、精神的ストレスのため下痢や不安感がありました。
精神科に通い精神安定剤と睡眠導入剤を服用していたが、
症状が改善しませんでした。
09年12月に来院され、5回の施術で、
精神状態は改善し、薬もいらなくなりました。

うつ
男性 45歳 会社員

うつ病からの回復期で、服薬を続けていらっしゃる方が来院されました。
「一日中頭痛がとれず、だるさ があります。
帰宅すると何もする気がしません。
週末に休んでも疲れがとれません。」とのことです。
4回の施術で様々な症状が楽になり
「仕事を続けても疲れが残らなくなりました」とのことです。
だんだんと、うつ以前の生活に戻ってらして嬉しいです。

うつ症状 頸こり 肩こり 背中こり 無気力
女性 45歳 主婦・パート

4年ぐらい前から活発に動けなくなり、
うつっぽく、月の半分くらいは何もする気がせず、
体力が落ち、パートのお仕事ができなくなった、と来院されました。
頸、肩、背中のコリがひどくで、眠れないとのことでしたが、
初回の施術で、コリ が楽になり
「眠れるようになりました」とのことです。
その後、週 1回くらいのペースが通院され、
パートの仕事にも戻られて嬉しいです。
現在は、つらいと感じられたときに時に、来院されています。

うつ症状 疲労
男性 47歳 会社員

5年くらい前から、軽いうつ状態で、すぐ疲れてしまうので、
心療内科を受診し服薬を続けているが、良くならない、と来院されました。
最初の施術で「体が少し楽になった」と言っていただき、
2回目の施術で、「仕事が長時間耐えられるようになった」と言われました。
その後、快癒まではいっていませんが、
2週間に一度くらいのペースで来院され、
お仕事も続けてらっしゃいます。

多汗症 軽いうつ
男性 42歳 会社員

手足の汗のかき方がひどくなってきたと来院されました。
最初の施術直後「肩・首が非常に軽くなった」おっしゃっていただき
現在、 5回の施術の結果、手足の汗が大幅に減り
「気分も良くなりました」と喜んでいただいています。

パニック障害 うつ症
男性 55歳 会社員

3〜 4年前から強いパニック障害が出て、
その後、うつ の症状に悩まされている方が来院されました。
最初の施術直後から「気分が軽くなりました」とおっしゃっていただき
2回目の来院時には「あの後パニック障害もほとんど出ていません」と
かなり実感していただけたようです。
未だ症状が残っていますが、あと数回の施術ですむと思われます。

うつ症状
男性 45歳 会社員

1年ぐらい前から、軽いうつ状態となり、
勤務は続けているが、すぐに疲れ夕方まで体がもたないとのこと。
心療内科を受診し抗うつ薬を服用しているが、改善しませんでした。
10回の施術で、うつ症状は改善し、
勤務中の疲れもほとんどなくなった。

そううつ病(躁鬱病) 不眠 疲労
男性 40歳 会社員

そううつ病のため約 1年間休職中で心療内科を受診中の方。
やる気が出ない、眠れない、頭が重い、疲れ易いなどの症状が
改善しないので、来院されました。
初回の施術で、明るい気分になれたと喜んでもらえ、
現在まで 15回来院され、だんだんやる気もでてきました。
来月からの復職を目指すということで、嬉しいです。

うつ病 不眠
男性 35歳 会社員

うつ病のため半年間休職中の方。
夜は薬を飲まないと眠れない、朝目覚めても体が重い
などの症状で来院されました。
初回の施術で 3日間すっきり寝ざめ・調子が良かったとのことで
現在 6回施術を受けられて、
体調も大分良くなってきたとのことです。

うつ病 不眠 肩こり
男性 42歳 公務員

うつ症状のため 3ケ月休職されたときに、
うつ症状と不眠、肩こりの改善のため来院されました。
4回の施術で復職出来るようになりました。
先日 2ケ月ぶりに施術に来られ、
今は夜遅くまで働いても体調をくずすことが無くなったとのことです。

肩こり 頸こり うつ病
男性 50歳 教員

30代にうつ症状を患った方。
最近また頸、肩、背中のこりと共に うつ が再発しかけて、
やる気がでなくなり、心療内科を受診しながら、来院されました。
最初の施術でかなり調子が良くなり、その後 3回の施術で、
ほぼ気にならない状態にまで回復されました。

うつ症状
男性 32歳

心療内科で、うつ症状 と診断され服薬中で、休職中の方。
頸・肩痛、睡眠が浅い 等の施術で来院されました。
週 1回 3回の施術で、軽作業に復帰できるまでに回復し
さらに 3回の施術の後、「就職活動を始めました。」と
前向きに行動をはじめられるようになり、私もとても嬉しいです。

うつ症状 不眠
女性 72歳

末期の肺がんを患い、その心労による、うつ症状、不眠等に
苦しまれており、往診の依頼をいただきました。
週 2回の施術で 1ヶ月後にうつ症状が軽減しました。
その後は、週に一度の往診を続けていましたが、
肺がんにより、先日永眠されてしまいました。
ご家族の方から、うつ症状が良くなり安らかだった
とのお礼をいただきました。
安らかな最期にお力添えできたのでしょうか、、、
心からご冥福をお祈りいたします。

飛蚊症や うつ病(鬱病) から、首・肩・背中のこり に
男性 24歳 会社員 (昨年から 1日中PCを使う業務)

入社後、目の疲れから、飛蚊症になり、それを気に病み、うつ症状を感じ、心療内科を受診し、服薬中の方です。
首、肩、背中のこり が、ひどいと来院されました。
パソコンを長時間お使いの方は、気をつけてくださいね。
10回の施術を経て、飛蚊症は、ほぼおさまり、首・肩・背中の こり も楽になり、よかったです。

すでに元気になられた方々の声を聞いて
希望が湧きましたよね?

抗うつ剤が効かない うつ症状 は、
頸の深部筋肉の コリ が
自律神経に影響を与えている場合が多いので、
鍼灸施術により深部筋肉の コリ を減らし、
気血の巡りを良くすることで大幅に改善できます。

うつ症状が発症して数ヶ月の場合、
数回の施術で済みます。

うつ症状が慢性化している場合、
その改善にはかなりの施術回数が必要です。
例えば、5年前に発症したものであれば、
5〜10回の施術で改善がみられ始め、
大幅な改善までには、50回以上の施術が
必要となる場合もありますが、ほとんどの方が改善します。

試しに 鍼灸経絡施術 (全身施術)
を受けてみてください。

自律神経 の乱れを整え、全身の気血の巡りを良くするために
痛みを感じない極細の短い鍼(直径約0.16mm、深さ約5mm)を
全身のバランスをみて施術します。


・約 50分 (本治と標治を含む) 施術料: 6,000円(税込)
 ( 学生 中・高校生 5,000円(税込) )
 初回のみ上記より 1,000円値引き中!

・初回問診料: 無料

(ペイペイ)もお支払いに、お使いただけます。

施術後、心 や 体 が軽くなっているのを感じてください。

施術コース時間割表
曜日 鍼灸経絡施術
 火 水 金   朝 10:30 〜 夜 山本 
    昼 11:00 〜 夜 山本 
    昼 11:00 〜 夕 山本 
 休院の日もありますので、 
 電話でお問い合わせ下さい 

今すぐ電話 03-5487-1170  随時受付
  尚、予約は随時受け付けしています。
※ お電話は、何時でもどうぞ。開院時間外でも受付けています。
※ 予約が優先です。
※ 診療中や相談中 などで、電話に出られない場合がございます。
  その際は、お時間を空けてからお掛け直しください。


このページの先頭へ戻る ▲