メインメニュー 左端
メインメニュー 右端

ドライマウス で お悩みの あなたへ

  •  
  • 口や喉が渇く
  • パンやクッキーなどを食べづらい
  • お口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 入れ歯が擦れる
  • 話しづらくなる
  • 食べ物の味がわかりにくい
  • ムシ歯や口内炎ができやすい

ドライマウス は、
唾液腺から唾液の分泌が低下する症状です。
病気ではありませんが、不快感があり、気になりますね。

唾液は、とても重要な働きをしています。
食べる、飲む、話すといった口の働きを助ける、
口の中から入ってくる細菌から身を守る、
むし歯や歯周病を防ぐ働きがあります。

私自身、今年の初めに、この症状に悩まされ、
二つの病院を受診しましたが、
この症状の原因について、医師のお話では、
「よく分からない」という説明でした。

他の症状で来院された患者さんの中に
時々、ドライマウスでも悩んでらっしゃる方がいました。
頚の凝りを解消する 鍼灸経絡施術 を行うと
ドライマウスも改善することを経験してきました。

その経験により、ドライマウスの原因の一つに、
頚の凝りにより自律神経(交感神経)が刺激され
唾液の分泌が悪くなることがあると考えられました。

私自身のドライマウスは、頚の鍼灸経絡施術をしても
症状は改善しませんでした。
ある患者さんを施術している時に、
「顎関節が、唾液の分泌に関係があるのでは?」と感じ、
私自身の顎関節に鍼を刺してみたところ、
唾液の分泌が正常に戻りました。

これらの体験により、
ドライマウスの主な原因の中に
「頸部の交感神経の緊張」或いは「顎関節の凝り」が
あることは間違い無いと考えます。
これらの改善には、現時点では西洋医学は無力で、
鍼灸経絡施術 が、効果的だと思います。

ぜひ、鍼灸経絡施術 を受けてみてください。

このページの先頭へ戻る ▲