メインメニュー 左端
メインメニュー 右端

うつ・自律神経失調・不定愁訴治療の第一人者

自律神経失調・不定愁訴 で
お悩みの あなたへ

鍼灸経絡治療で、施術のたびに症状が
大幅に改善し、お薬も不要になります。
一度の施術で改善を実感できますので、
是非お試しください。
( ご経験頂く為、初回は 1,000円値引いたします。)

自律神経失調・不定愁訴 」には次のような症状があり
人により現れる症状は異なります。

  • 不眠(寝つきが悪い、眠れない、眠りが浅い、夢を多くみる等)
  • うつ症状(気分の落ち込み、やる気が出ない、死にたい等)
  • 不安感、パニック障害、緊張感、焦り、いらいら感
  • 頭痛、偏頭痛
  • めまい、耳鳴り
  • 多汗
  • 生理不順、生理痛、月経困難
  • 冷え症、ほてり、のぼせ
  • 過敏性腸症候群、便秘、胃腸障害
  • 動悸、息切れ、息苦しさ、胸の締め付け感
  • 自己免疫の低下(かぜをひき易い、かぜがなかなか治らない等)
  • 疲れ易い
  • 喘息
  • 喉の違和感、喉のしめつけ
  • 唾液が出ない、唾液が出すぎる、口の渇き
  • ED



自律神経失調・不定愁訴 」の方の最大の原因は、
長時間の パソコン作業、スマホの使用などで
頚の深部筋肉が硬くなり、自律神経(交感神経)が
影響を受けているためです。

このことは、医師の松井先生の著書
『副交感神経アップで健康になれる』(朝日新聞出版)に
詳しく書かれています。

また、最新の研究成果として、
眼の疲労も、自律神経(交感神経)に
悪い刺激を与えることが明らかになっています。

当院の「自律神経失調・不定愁訴」の患者さんの大半は、
長時間パソコン作業をされる
IT関係 や 事務作業をされる方で、
特に視力の弱い方達です。

他にも、
「視力が弱い」「姿勢が悪い(猫背など)」「枕が合わない」
「幼児を抱っこする無理な姿勢」
「冷気・寒気による頚の冷え」「エアコンの風による冷房病」
などが、頚へ負担をかけ
頚の深部筋肉を硬くしてしまいます。

また、精神的なストレスでも頸の深部筋肉は硬くなります。

鍼灸経絡治療 は、
頚の深部筋肉を柔らかくし、
眼の疲れを軽減して
交感神経に対する影響を無くすことができる
唯一の鍼治療です。

また、頸の深部筋肉を柔らかくすることにより、
頸を通る脳への血流を改善しますので、
脳を活性化させることになります。


発症してから日の浅い方は、少ない治療回数、
場合により 1回の鍼灸経絡治療で快癒することもあります。

発症してから何年も経っておられる方でも、
鍼灸経絡治療を受ける度に、改善していくのを感じます。

自律神経失調・不定愁訴 」に
働きかけられる 鍼 ( はり ) 治療 は、
鍼灸経絡治療 だけなのです。

鍼灸経絡治療 の中の 本治法 は、
人体の気血の流れを整え
自律神経のバランスを良くするもので、
「自律神経失調・不定愁訴」の治療には不可欠です。

先日、あるお医者さんが来院されました。
長年の激務のため「動悸 息切れ 不眠」などの症状が出てきて
二日前、動悸があまりに酷くなり、救急車を呼ばれたそうです。

しかし、精密検査を受けても、異状は見つかりませんでした。
友人の主治医へ相談し、自律神経失調によるものと判断し、
鍼治療を受けてみることを決断されました。

ネットで検索して、当治療院に巡り会われたとのことです。

初回の治療直後に動悸が治まり、
「体全体が楽になった」と喜ばれました。

その後、2回来院され、治療の都度良くなっており、
「長期的に通いたい」とおっしゃっていただきました。

当治療院の 鍼灸経絡治療が、自律神経失調に
有効であることを、お医者様に実感して頂けました。

自律神経失調・不定愁訴 」なら、
まず 鍼灸経絡治療 を受けてみましょう。
薬は不要になるでしょう。

自律神経失調の症状は、
通常、交感神経が亢進することにより、
「なかなか寝付けない」、 「眠りが浅い」、
「夜何回も目が覚める」、 「夢をよく見る」

などの症状から始まり、

眠りが浅くなることにより、
体の疲労が回復しないため、
「疲れがとれない」、
「体がだるい」、 「昼間眠くなる」

などの症状が出て、

さらに 頚の凝り がより強くなることにより
「めまいがする」、 「動悸がする」、
「吐き気がする」、 「胃腸の調子が悪い」、
「便秘する」、「下痢が続く」
「電車に乗れない」「エレベーターが怖い」
などの症状になり、

さらに進むと
「やる気が出ない」、 「何もする気がしない」、
「何にも興味を持てない」
などいわゆる「うつ」
の状態になります。

これらは【抗うつ薬】の副作用でもありえます。
抗うつ薬は、脳神経に作用するもので、
自律神経には作用せず、治療効果はありませんが、
副作用は引き起こします。

鍼治療を行うことにより、
自律神経のバランスが改善し、
眠れるようになり、
疲れがとれてきて、
頚の凝りが ほぐれていきます。
それにより前述の症状を遡るように
症状は改善していき、完治に至ります。

抗うつ薬など精神薬を服用されている方は、
薬により自律神経失調が、治ることはなく、
その副作用による
「頭がぼーっとする」、
「やる気が出ない」

などの症状に悩まされていますので、
鍼治療と並行して、それらの薬も減らしてゆきます。

必要な鍼治療の回数は、体質や症状の慢性度などにより
非常に個人差があり、
年配の方でも数回で良くなられる方もおられますが、
逆に若い方でも数十回の治療を必要とする方もおられます。

また、通常は鍼治療により、
初回から症状の改善がみられますが、
頚や目の凝りの慢性度が強い方は、
数回の治療では症状が改善し始めず、
5回前後の治療でようやく
症状の改善が始まる方もおられます。

逆に、鍼刺激に敏感な方は、
鍼刺激がその方にとって強すぎた場合は、
半日か数日 めまい などの症状が
一時的に強くなることがありますが、
その後は改善に向かいます。

そのような方の場合は、
鍼の刺激量を少なくして治療を進めます。

いずれにせよ、鍼灸経絡治療が、
現状では根本的かつ最良の治療手段です。

また、治療の中で、
日常の どんな動作・姿勢が原因で、
眼が疲れ、頚が凝ったかを明らかにしながら
二度と自律神経失調に罹らないようにする為
動作・姿勢への対策も指導していきます。

尚、脳神経性の うつ病 が、本来の「うつ病」で、
遺伝的要素が強い病気です。
向精神薬(抗うつ薬)の効果が期待出来ます。
(つまり、抗うつ薬 の効かない うつ症状 は、
 自律神経失調性の可能性が高いと言えます。)

脳神経性の うつ病 に対する鍼治療を施した場合、
遺伝的要素の程度により、
効果が ある場合 と 無い場合 があり、
治療してみないと分かりません。

がんばり続けて、ムリを重ねていませんか? ストレス や 疲れ を、溜めこんでいませんか?
あなたも、
・お仕事やノルマに追われて長時間働いたり、
・ご家族や大切な人のために、家事に追われる など
充分に、休息が取れていませんよね?

自分がやりたいことや楽しいことを、諦めていませんか?

自分の楽しみを我慢して、
みんなのため、懸命に お仕事、家事、育児に努める。
それは、素晴らしいことです ! でも、、、

うつ 鬱病 うつ病 自律神経失調症 不定愁訴 更年期障害 肩こり 頭痛 めまい 神経痛 しびれ 膝痛 不眠 は、あなた自身の身体の泣き声ですよ!
「このままじゃ、身体が壊れちゃうよ!」
と訴えているのです。

今までの生活の積み重ねで、
お身体が泣き声を上げるまで、悪くしてしまったのです。

「もうちょっと様子見てから」などと思っても
うつ こり 頭痛 不眠 不定愁訴 などの原因となる
自律神経の乱れ、疲れ、ストレス を
無くさない限り、いつまでも解消されませんね。

酷くならないうちに、
あなたの身体の泣き声に耳を傾けてあげてくださいね。

あなたにも、こんなお悩みありませんか? - うつ 鬱病 うつ病 自律神経失調症 更年期障害 肩こり 頭痛 めまい 神経痛 しびれ 膝痛 不眠 - 品川区 上大崎 目黒駅 鍼灸 マッサージ「響」治療院 がお手伝いします。 鍼 ( はり ) により、全身の気血の巡りを調整しつつ
自律神経のバランスを整えます。

自律神経失調・不定愁訴 」は、
鍼 ( はり ) の中の 経絡治療 でないとできません。

鍼灸経絡治療 では、次のステップで、
自律神経失調・不定愁訴 」に働きかけていきます。

1) 脈とおなかを診ます。
  体の中の気の流れの乱れの部分を察知します。
2) 手足のツボへの刺鍼
  気の流れを良くし、自律神経のバランスを整えます。
3) 症状に合わせ それぞれのツボへの刺鍼
  頸、肩、背中、眼 などの 疲れ がとれ
  頭痛、不眠、めまい、胸苦しさなどが改善するでしょう。
4) 精神を整えるツボへの刺鍼
  ストレスが軽減されるのを感じるでしょう。

ところで、鍼 ( はり ) は、「痛い」と思い込んでいませんか?

鍼 ( はり ) は、凄くすごーく細いものです。
わずか、0.16mm前後しかありません。
あまりに細いので、痛みを感じる神経をよけてしまいます。
痛みを感じたくても、感じられませんから、安心です。

実際は、体が温かく感じ
リラックスして ウトウトと眠くなってしまいますよ。


悩み続けていないで、体験してみませんか? 開院して間もないのにもう評判のようです - 目黒駅 鍼灸 マッサージ 治療院 評判を聞きつけた 自律神経失調・不定愁訴 の
患者さんが、毎日 何人も来院されています。

皆さん、こうおっしゃいます。
「病院で診てもらったら、
 「どこも悪いところは無い」と言われました。
 でも、どうしようもなく、頭が痛く、首 や 肩が凝るし、
 やる気が出ないし・・・」

そんな患者さんでも 約 8〜9割 の方は、
はり の 鍼灸経絡治療 を受けられた後に

「楽になりました。 ありがとうございます !
 もっと早く来てればよかったです。」

私も嬉しくなることを言って帰られますよ。

どうでしょうか?

うつ 鬱病 抑うつ そううつ 躁鬱 の お悩み を抱えていた方が、今は、どんなに良くなったか、知っていますか? - 品川区 上大崎 目黒駅 鍼灸院 マッサージ院 治療院

鍼灸 マッサージ「響」治療院 で、
毎日が楽になった方や、
諦めていた 趣味 旅行 スポーツ を楽しめるようになった方
お喜びの声を聞いてみてくださいね。

自律神経失調 不定愁訴 頸・肩・背中のこり
男性 31歳 会社経営

頸・肩・背中の凝りがひどく、吐き気がし、食欲がなく
のぼせるなどの症状の方で、
心療内科の服薬りも「鍼治療を試したい」と来院されました。
2週間 3回の治療で症状は大幅に緩和され、健康な生活に戻らました。
今でも、健康管理と予防も兼ねて、月に 2回ほど来院されています。

自律神経失調 不定愁訴 不眠 うつ
女性 40歳 テレビ番組制作

深夜遅くまでの仕事が続き、寝てもだるさがとれず、
やる気が出なくなってきたという女性が、来院されました。
2回の治療で、ほぼ体調が良くなり、来院されなくなりました。
先日 10ケ月ぶりに、仕事のハードさは相変わらずで
また眠れなくなり、うつっぽくなってきた、と来院されました。
治療後は、体調が良くなり喜んでいただけました。

不眠 不定愁訴
女性 30歳 会社員

先日バレンタインチョコとともに、こんなメッセージを頂きました。

「今まで大変お世話になりました。先生の鍼治療のおかげで
 薬なしで眠れるようになり、どんどん元気に生活出来るようになり、
 また仕事に行けるようになりました。
 初めてお伺いしたときには今の自分なんて想像も出来なかったです。
 本当に有難うございました。」

元気になられて、私も嬉しいです。ありがとうございます。

自律神経失調
男性 30歳 コンサルタント

「頸、肩、背中、腰が凝って、疲れがとれない」
と来院されました。
コンサルのお仕事で 1日10数時間も PCを使ってらっしゃいます。

強度の頸の凝りによる 自律神経失調 と診断しました。
初回の経絡治療後に、頸、肩、頭、眼がすっきりされ、
「その夜は久しぶりによく眠れ、疲れもだいぶとれました」
とのことです。
現在、週一回のペースで治療に来られています。
「死ぬかと思った。本当に鍼治療に救われました」
とおっしゃっていただけました。

自律神経失調 神経痛
女性 48歳 看護師

「頸、肩、背中、腰が凝り、足が重だるく、
 眠りが浅く、疲れやすい」と来院されました。

頸の凝りが原因の自律神経失調と
腰の凝りが原因の座骨神経痛の
合併症と診断し、治療を始めました。

初回の治療で、「体が軽くなりました」
「良く眠れるようになりました」と喜ばれました。
既に 8回治療を受けられていますが、
「治療のたびに体が良くなります」と驚かれています。

自律神経失調 多汗 胃のむかつき 喉のつかえ
男性 IT関係 24歳

3年位前から汗を多くかくようになり、
1年前からは会議でも汗を多くかくようになった。
また、喉の違和感や胃のむかつきも感じていると来院されました。

眼の疲れ と 頚のこり からの
自律神経失調などの症状として治療を始めました。
初回の治療で、喉の違和感 と 胃の不快感 は軽減しましたが、
多汗は変化ないとのことでした。
6回目の治療でようやく多汗も改善を始め、
8回目で「気にならなくなってきた」と喜ばれていました。
他の症状は治まっても、多汗の症状は最後まで残ることが普通です。

自律神経失調
女性 会社員 事務 29歳

2年前も自律神経失調になり、
今年4月から通常の勤務に戻ったが、
不安感、動悸、喉のつまりが出てきて、
この1週間は自殺願望が強くなってきたと来院されました。

眼の疲れ と 頚のこり による自律神経失調として治療を始めました。
会社でのPCでの事務作業が主な原因で、
治療のため会社を辞められたこともあり、
順調に回復され、7回目で治療を終えられました。
途中、枕が合っていないことも分かり、替えていただきました。

自律神経失調 うつ
男性 会社員 51歳

3年前にうつ病と診断され、
3ヶ月の服薬で治癒したが、
3ヶ月前からまた調子が悪くなり服薬を始めたが、
この 1〜2週間 不安感、不眠 などの症状が
強くなってきたと来院されました。

眼の疲れ と 頚の凝り による自律神経失調と判断し
治療を始めました。又、枕もかえて戴きました。
治療のたびに徐々に改善し、
8回目の治療でほとんど良くなり、
その後は、2週間、1ヶ月と治療間隔を開けておられます。

自律神経失調 肋間神経痛
男性 50歳 自営業

不安感、うつ症状、胸の締め付け、
手足のしびれなどで来院された方です。
いろいろお聞きしていると、1年前に
車を運転し壁に40km位の速度でぶつかる事故を起こした
とのことでした。

頸及び胸の触診の結果、
この事故で、頸のむち打ちが生じ、
頸の深部筋肉を傷めたため、
自律神経失調の症状が出て、
又、胸のエアーバッグによる打撲が
肋間神経痛を引き起こしたものと判断しました。

初回の治療で、自律神経失調の症状 胸の締め付けも軽減し、
その後の治療でも、少しずつ改善しています。

うつ めまい 動悸 思考停止
男性 30歳 会社員

1年前から眠れなくなり、やる気が出ず、
診療内科 で 抗うつ薬 を処方され 服用しているが、
症状が改善せず、最近は めまい がしたり、
動悸がしたり、頭がぼーっとして
考え事が出来ないと来院されました。

IT関係の仕事で、眼の疲れ と 頸の凝り が強く、
自律神経失調からの うつ症状で、
頭がぼーっとしているのは、抗うつ薬 の副作用と
判断して鍼治療を始めました。

初回の治療で少し眠れるようになり、
鍼治療を行いながら、抗うつ薬を減らしていくことで
症状も改善してゆき、7回の治療で症状も治まりました。

うつ 自律神経失調
女性 32歳 システムエンジニア

半年前から、吐き気、めまい、パニックがおこり、
頭が働かず、心療内科で うつ病 と診断され
抗うつ薬を服用しているが、
症状が改善しないと来院されました。

システムエンジニアとして一日中パソコンで
仕事をしているとのことで、
眼の疲れ と 頸の凝り が強く、自律神経失調からの
うつ症状と判断し治療を始めました。

初回の治療の夜は良く眠れ、翌日は体調も良かったとのことで、
抗うつ薬を減らしながら、
7回の治療でほぼ症状も治まり、
その後は、3ヶ月に一回くらい
頸の凝りが強くなると来院されています。

自律神経失調 うつ症状 不眠 めまい 思考力低下
女性 40歳 主婦

半年前から、寝付きが悪く、めまい や 吐き気 がして
心療内科を受診し、抗うつ剤 他 を服用しているが、
一向に改善せず、
最近は頭がボーとして考える事ができなくなり、
何事もやる気が出なくなった、と来院されました。

頸のコリ と 眼の疲れ による自律神経失調の症状として、
不眠、めまい、吐き気が出たのですが、
抗うつ薬の服用を始めたため
その副作用として、思考できない、無気力などの
症状が出たものと判断しました。

鍼治療を始めると共に、抗うつ薬などを
少しずつ減らして頂くこととし、
1ヶ月後の鍼治療を10回終えた時点で、
症状は大幅に改善しました。
2ヶ月後には薬の服用を止られ、普通の生活に戻られました。

自律神経失調には抗うつ薬は効果がありません。
副作用ばかりが出て本当のうつ病になる方もいます。

自律神経失調 不眠 不安感 思考力低下
男性 45歳 公務員

夜眠れず、不安感が強く、頭が回らず
物事の判断が出来なくなった、と来院されました。

お話を伺い、ノートパソコンでの長時間の作業と
枕の不具合のため頸が凝り、
また、転勤による精神的ストレスから
自律神経失調 の症状が出たものと判断しました。

初回の治療後、頭がすっきりし眼が楽になられました。
2回目の治療後は、眠れるようになり、
皆に「顔色が良くなった」と言われるとのことでした。
5回の治療で、ほぼ症状は消え、
その後はメンテのため、月に一度通われています。

ノートPCは、デスクトップPCに較べ
頸への負担が非常に大きくなります。
姿勢に気を付けてください。

自律神経失調 不眠 摂食障害
女性 42歳 会社員

25歳頃から 17年間以上、不眠 と 摂食障害 に悩まされ、
途中で休職をし、復帰されましたが、症状は相変わらずで、
なんとか治したいと、来院されました。
頸の凝りと眼の過度の疲れによる
自律神経失調と判断し治療を始めました。

初回の治療で、眠りが良くなり、
翌朝に疲れがとれているのを感じられました。
4回目からは、良く眠れるようになり、
毎晩空腹で食べていた夜食が、週に 2〜3回に減りました。
7回目で不眠が無くなり、空腹感も無くなり
夜食もしなくなられました。

自律神経失調 過食症
女性 42歳 会社員

「10年位前から、仕事が終わり会社を出ると
甘いものを過食するようになり、
なんとか止められませんか」と来院されました。

眼がかすみがちで、頸、肩、背中の凝りが強く、
自律神経失調によるものと判断し治療を始めました。
頸と肩の凝りはすこしずつ改善してきました。
しかし、7回目でも過食症の改善は見られず、
鍼治療に疑問をもたれていました。

12回目頃からようやく過食症も改善し始め、
又、体の疲れも少なくなってきました。
眼の疲れ、頸・肩凝りもかなり軽減してきたため、
気持ちにも余裕が出てきたとのことで、
過食症が無くなるのも、もう少しのようです。

自律神経失調 頭痛
女性 17歳 高校生

頭全体が、がんがんする頭痛で、
鎮痛薬も効かなくなった、と母親と来院されました。
視力が弱く、スマホを長時間使用し、眼の奥も痛いとのことで、
頸の凝りと眼の過度の疲れによるものと判断しました。

初回の治療で、がんがんする痛みは軽い痛みに変わり、
眼の奥の痛みも軽減したとのことです。
スマホの使用も短時間にして、
勉学の傍ら鍼治療を続けてらっしゃいます。

自律神経失調 不眠 めまい のぼせ
女性 45歳 主婦パート

やる気が無く うつっぽい、眠れない、めまい、動悸、
のぼせ、疲れやすい、首・肩・背中・腰が こっている
と来院されました。

姿勢が悪く、枕が合っておらず、
頸の凝り からの自律神経失調の症状と判断し、
鍼治療を始めました。

初回の治療で「気分が大分良くなった」とおっしゃられ、
6回の治療でそれらの症状は、ほとんど治まりました。
その後は1ヶ月から2ヶ月に一回のペースで
頸が凝ると治療に来られています。

自律神経失調 うつ 食欲不振
女性 40歳 主婦・会社員

10年来、うつ症状があり、
抗うつ薬を服用しているが治りませんでした。
首こり、肩こり、眼の疲れ、めまい、動悸、
食欲が無い、と来院されました。

頸の こり と 眼の疲れから、自律神経失調による
うつの症状と判断し、治療を始めました。

初回の治療で、うつ症状がほぼ治まり、
少しあった不安感も、すぐに消えたとのことです。
6回の治療で、全ての症状が治まり、
その後は体調の維持のため 2週間に一回のペースで
治療に来られています。

自律神経失調 うつ 眼精疲労 首こり
男性 31歳 会社員

7年前から 眼の疲れ が強くなり、気分が落ち込み、
抗うつ薬を一年半の間、服用されていました。
治まったので、一度服用は止めましたが、
4年前から三交代勤務になり、頭痛が起きてきて
仕事を一か月休養されてから復帰しましたが、
首がはり、抗うつ薬の服用を続けていると来院されました。

眼の疲れ と 頸の凝り による自律神経失調からの
うつ症状と判断し、鍼治療を始めました。

治療後、三日間ぐらいは治まり
その後に症状が戻る状態が続きましたが、
5回目から、うつ症状が治まり、抗うつ薬も止められました。
頸・肩こりは残り、頸・肩こりが気にならなくなるまでに
15回の治療が必要でした。

自律神経失調 首こり 肩こり 疲れ めまい
女性 40歳 事務職

首・肩・背中の こり が強く、マッサージでは治まらなくなり、
また、疲れがとれず、めまい もすると来院されました。
眼の疲れ、姿勢の悪さ、枕が合っていない為、
頸の凝り が強くなり、自律神経失調の症状が生じ、
眠りが浅くなり 疲れがとれず、
めまい を生じていると判断しました。

初回の鍼治療後、頸・肩・背中の凝りがとれ、
眼も体も軽くなり、
「もっと早く来れば良かった」と喜んでお帰りになりました。

自律神経失調 食欲不振 めまい 吐き気 こり
女性 45歳 会社員

半年前、仕事での精神的ストレスからか、
吐き気、めまい が始まり、食事が出来なくなり
入院を 1ヶ月間し退院したものの、症状が改善せず、
首こり・肩こり が酷く、精神的に不安定と、来院されました。

お話を伺い、眼の疲れ、姿勢が猫背、
精神的ストレスからの自律神経失調の症状と判断しました。

初回の治療で体が軽くなり、頭がすっきりし、
頸と眼が少し楽になったと言われました。
その後、週 2回のペース、4回ほどで症状はかなり改善し、
その後は、1〜2週間に 1回のペースで
治療に通われながら仕事を続けておられます。

自律神経失調 めまい 胃の不調 集中力欠如
男性 18歳 受験浪人生

朝の目覚めが悪く、朝フラフラし、眼の奥が痛く、
このところ胃の調子も悪くなり、勉強に集中出来ない
と母親に連れられて来院されました。

話をお聞きして、枕が合っておらず、
勉強の姿勢が、猫背になっているため 頸が凝り、
眼が疲れているため 自律神経失調の症状が出た と判断し治療を始めました。

初回の治療で良くなり、翌日までは良かったが、
だんだん頸の凝りが戻ってきたようです。
4回の治療で、ほぼ症状が無くなりました。
受験勉強での眼の疲れのメンテの為、
1ヶ月に一回のペースで治療に来院され、
受験生の生活を乗り切られました。
合格、おめでとうございます。

うつ症状 肋間神経痛
女性 40歳 事務職

10年ぐらい前から気分の落ち込みややる気が出ず、
不眠もあるうつ症状で悩んでいる と来院されました。
最大の体の苦痛は、胸の圧迫感とのことでした。
胸の触診の結果、永年のうつぶせ寝で
胸を圧迫していたための 肋間神経痛 と判断、
うつ症状 はこの精神的ストレスと
眼の凝り からと判断し、治療を開始しました。

2回目の治療後には、胸の圧迫感が減り、
うつ症状も改善してきました。

「10年来の苦痛が、ようやく軽くなってきました!」
と喜ばれました。
お医者さまも肋間神経痛は、なかなか分からないようです。

自律神経失調 座骨神経痛 腰痛
女性 62歳 主婦

食欲不振、疲れ、冷え、多汗で頸・肩が凝り、
眼が疲れていると来院されました。
ネットが好きでよく見ているとのことで、
PCの長時間使用による 頸の凝り と 眼の疲れ による
自律神経失調と判断しました。

この方は、驚くほど鍼治療の効果が出る方で、
一回の治療で全ての症状が消えました。
その後も、動悸、胃のもたれ などの
自律神経失調の様々な症状で、
1〜2ヶ月毎に来院されています。

自律神経失調 座骨神経痛 腰痛
男性 66歳 自営業

フワフワとした めまい がし、足裏が ほてり 、
腰から下肢にかけ 痛み、鼠径部と下腹部に違和感がある
と来院されました。
他の鍼灸治療院に 5年間通ったが、良くならないとのこと。

頸の凝りが原因の自律神経失調と
腰の凝りが原因の座骨神経痛と判断し、経絡治療を始めました。
初回の治療で、めまい 痛み 違和感 は治まり、
足裏の ほてり は減りました。
しかし、治療後 2日ぐらいで、痛み 違和感 が戻り、
足の ほてり も戻ってくるとのことで、
現在20数回治療を続け、少しずつですが改善してきています。

自律神経失調 うつ病 鬱病
男性 38歳 公務員

8年前にうつ病と診断され、現在休職中の方です。
抗うつ薬を服用しているが改善せず、
やる気が出ないと来院されました。

頸と肩がこり、動悸、息切れ等の症状が伴うことから、
自律神経失調 による うつ症状 と判断し、鍼治療を行いました。
2回目に来られた時に、
「気分が良く、やる気が出てきた。
 8年前の普通の状態に戻った。」と喜んでいただけました。

20代の方であればともかく、中年の方で
最初からこれほど良くなられたのは初めてで驚きましたが、
2回目、3回目と、ますます改善され、
「薬の服用停止を医師と相談する」とおっしゃってましたので、
もうすぐ復職も可能と思われます。

自律神経失調 頭痛 めまい
女性 50歳 会社員

もともと春と秋の季節の変わり目に 頭痛 があったが、
1年ぐらい前から 頭痛 がひどくなり、
めまい もしてきた、と来院されました。
一日中 PCを見ながら書類作成の仕事されていて、
最近は精神的なストレスも強い、とのことで、
慢性的な頸の凝り、眼の疲れ 及び 精神的ストレス による
自律神経失調 と判断し、鍼治療を始めました。

最初の治療で、頭がすっきりし、視野が広がりました。
2回目の治療では、頭痛が無くなり、眼も頸も楽になり、
3回目の治療では、眠れるようになった!と喜ばれました。
体調を十分整えたいと週一回のペースで
鍼治療を続けていらっしゃいます。

律神経失調 耳鳴り めまい 動悸 高血圧 頸・肩こり
男性 52歳 会社員

1年前の春に 動悸 と 血圧上昇 があり、さらに軽い めまい がし、
夏頃自然に治まったが、半年位前から 耳鳴り が始まり、
その後 めまい と 動悸 が再発した、と来院されました。
姿勢の悪さからの 頸の凝り、PC作業による 眼の疲れ
及び 仕事での 精神的ストレス による
自律神経失調と判断し治療を始めました。

初回の治療で 頸、肩、眼 は楽になったと言われましたが、
めまい と 動悸 は 10回目を過ぎてから、
耳鳴り は 20回目を過ぎてから改善し始めました。
その後は治療のたびに少しずつ症状が改善しています。
人により、治療回数を要することも稀にあります。

自律神経失調・不眠
男性 40歳 会社員

4ケ月前から突然眠れなくなり、
睡眠導入剤を服用しているが寝付きが悪く、
さらに、不安感、焦燥感、聴覚過敏などの
症状まで出てきたと来院されました。
仕事の 9割はPCを使い、10数年続けている方です。

初回の治療で、不安感が少なくなりました。
2回目の治療で、薬なしで眠れるようになりました。
4回目の治療で、治療の必要が無いくらい回復されました。

自律神経失調 不眠
男性 55歳 会社員

2か月前から眠れなくなり、
1日に何回か、脈拍が毎分100近くもの激しい動悸、
発汗、不安感、恐怖心などが出るようになった方です。
診療内科で処方された薬を飲み続けているが、
改善しないと来院されました。

初回治療後の、夜は 2分程で寝入り、熟睡できたそうです。
また、発汗、動悸、不安感なども減ったとのことです。

2回目、3回目と治療するごとに、症状もどんどん減っている
と驚かれています。

発症されてから早い時期に来院されたので、
劇的に症状が改善してたのだと考えられます。

自律神経失調 不眠 疲れがとれない
男性 31歳 会社役員

頸・肩が凝って 疲れがとれない と来院されました。
話をお聞きして、頸が凝り、眼が疲れているため
自律神経失調 となり、眠りが浅くなったため
疲れがとれないことが分かりました。

初回の治療で、頸・肩の凝りが軽くなり、
眼もすっきりしたとのことで、その日は良く眠れて
体も楽になったと喜ばれていました。
その後、週一回のペースで、体のメンテも兼ねて
鍼治療を続けておられますが、頸・肩も楽になり
体調はすこぶる良いと言われています。

自律神経失調症 めまい 吐き気 動悸
男性 45歳 会社役員

1ヵ月前から突然、めまい、吐き気、動悸に襲われるようになった
と来院されました。
「いつも、首コリ、肩コリがひどいので、
マッサージには通っている」とのことでした。

首の こり からくる自律神経失調と診断し、
初回の鍼治療で、吐き気は無くなりました。
めまい は、少し感じるとのことで、
治療を続け、 3回目の治療で治まりました。
その後、予防として一月に一回程度、通院されています。

自律神経失調 めまい 喉のつまり 胸苦しさ
男性 45歳 会社員

7-8年前から、ストレスがかかると胸がつまったり、
電車の中で動悸やめまいがするようになったと来院されました。

初回の治療で胸苦しさと喉のつまりは楽になったが、
めまいはあまり変わらないとのこと。
その後少しずつ改善し、
治療 8回目で症状はほぼ治まりました。

自律神経失調 不眠 肩こり
女性 59歳 会社員

2年も前から、眠りが浅く、時々頭痛がし、目がかすみ、
頸こり や 肩こり も酷いと来院されました。

初回の治療で「頸と肩が久しぶりに軽くなり、目も楽になりました。」
おっしゃっていただけました。

2回目の治療後は、「睡眠の質が良くなっている」と言われ、
4回目の治療後は、「睡眠の問題が無くなりました」と喜ばれました。

うつ パニック障害
女性 28歳 

2年前から うつ が発症、 昨年末に パニック障害 も出始め、
「電車やバスに乗れなくなった」と来院された。

頸・肩の こり が強く、頭痛、動悸、めまい、吐き気などもあり、
自律神経性の うつ 及びパニック障害として治療したところ、
最初の治療でこれらの症状が出なくなりました。
2回目の治療の後も、これらの症状は出ていないとのことです。

( 頸のこりからくる自律神経失調の症状は、
  20代の方であれば数回の治療で良くなることが多いです。)

頭痛 めまい 動悸 うつ病
男性 19歳 

来院前日に、頭痛、めまい、動悸などで心療内科で うつ病 と診断され、
薬は飲みたくないと来院されました。
座っていても、めまい がして頭が重いと言われていましたが、
初回の治療の直後に「ウソッ!」と叫ばれました。
体が軽くなり、全ての症状が無くなったとのことです。

若い方は症状の慢性化が少ないため鍼が本当によく効きます。
この方の場合も頚のこりからの症状で、抗うつ薬の効果は期待出来ず、
鍼治療が最善の方法です。

自律神経失調 喉の違和感
女性 45歳

「喉が詰まった感じが 7年間続き、
 どこの病院で診てもらっても治らない」と来院されました。
最初の治療で、頸の深部筋肉を ゆるめたところ症状が消えました。
このことから、喉周りの神経を、頸の深部筋肉が圧迫して
自律神経失調や喉の違和感が出ることが確認されました。
以後 3回治療を続けていき、どんどん症状が軽くなられており
7年間苦しまれていた症状から解放されるまで
あと少しの段階まできました。

自律神経失調 神経痛 全身のこわばり
女性 20歳

2年前に父親が亡くなられ、その哀しみとストレスで
全身がこわばってしまい、また手足に痛みがあり、
入院もされている女性が、「あまり良くなりません」と
母親に連れられて来院されました。

症状をお聞きしたところ、自律神経の失調で
体全体がこわばり、頸と腰の深部筋肉が硬くなり
手足に神経痛の症状が出ているものと推察しました。

最初の治療直後に、全身が軽く感じられ、
「手足の痛みも少なくなっている」と驚かれました。
4回の治療で、ほぼ普通の状態に戻られました。
未だお若いので良くなるのも早かったように思います。

自律神経失調 坐骨神経痛
女性 75歳

ふらふらする、唾液が出ない、喉の違和感、睡眠が浅い、頭痛 などの症状で、ご主人に連れられて来院されました。
カウンセリングで詳しく話をお聞きし、
頸のこりによる自律神経失調、
頸の奥で唾液腺及び喉の神経が圧迫し、唾液がでず喉の違和感を生じ、
また、座骨神経痛のため足取りが悪くなっているためと判断し、
それらの治療を始めました。

この方は、鍼治療の刺激にとても敏感な体質で、
普通の方の十分の一程度の刺激しか与えられませんでした。
そのため、週 2回の治療ペースで、約 50回かかりましたが、
全ての症状が治まり、普通の生活を取り戻されました。

自律神経失調 多汗
男性 38歳

4〜5年来、汗がたくさん出て困っていて、
「最近は疲れやすく、気分がすぐれないです」と来院されました。

明らかに自律神経失調の状態と判断し治療を始めました。
5回目ぐらいから汗が少なくなり始め、
10回目ぐらいから「睡眠が良くなり、食欲も出てきました」
とのことで、汗も少しずつ減ってきました。
17回目ぐらいでは汗は大分少なくなったが、
いろいろ問題もあり気分は今一つとのこと。
21回目では、汗はかかなくなったと言われ、
「頸もずいぶん軟らかくなった」とお喜びいただけました。

自律神経失調 不定愁訴 めまい
男性 32歳 会社員 ( 運転手 )

ふらふらする めまい で仕事が出来ず、
休職を 1ヵ月されている方が来院されました。
10年間の長時間の運転業務のため、頚と肩が凝り固まり、
自律神経のバランスが悪くなったためと考えられます。
10回の治療でフラフラ感が無くなり
仕事に戻って元気にしてらっしゃいます。

自律神経失調 不定愁訴 頭痛 無気力 不安感
男性 28歳

心療内科に通い続けているが、
精神、身体のつらさ(体が重い、だるい、頭痛、気力がわかない)
また、「これらの症状がいつまで続くのか」という
不安な気持ちから抜けられないと来院されました。
初回の治療で、2〜 3日体が楽になり、
2回目の治療で少しずつ良くなっているのを感じられ、
4回目の治療後には、不安感や無気力が無くなったと感じられました。
その後も少しずつ良くなり、11回で治療を終えられました。

自律神経失調 不定愁訴 食欲不振 不眠 腰痛 坐骨神経痛
女性 80歳

食欲が無く、気分が落ち込んでいて、腰痛、坐骨神経痛もあります。
と付き添われて来院されました。
最初の治療で、帰り道で食欲が出てきたとのこと。
2回目の治療で、眠れるようなってきたと言われ、
3回目の治療で、食欲が感じられるようになられました。
4回目の治療後に、「よく眠れて食欲もある」と喜ばれました。
計 9回の治療で、腰痛、坐骨神経痛なども含め、
全ての症状が改善され、ひとまず治療を終えました。

自律神経失調 うつ症状
男性 29歳

「やる気が出ない、気分が晴れない、
  4日前に他で鍼治療を受けたが改善しない」
という方が来院されました。
背が高いためか猫背になられており、
頸が こり、自立神経失調を引きおこしていると判断されました。
なかなか目立った症状の改善がみられませんでしたが、
7回目の治療に来院された時、
「先日突然うつ症状が、全て消えました!」と
本当に喜んでいただけました。

症状の改善の仕方は、その慢性度により個人差があるので、
諦めないことが肝要だなと思いました。

自律神経失調 不定愁訴 頭痛 無気力
男性 28歳 会社員

体が重い、だるい、頭痛、気力がわかない、不安感があると来院されました。
最初の治療で、ラクになりましたが
4日後には頸や肩がこってきて、症状が戻られました。
週に 1回のペースで治療を続けられ、少しずつ症状が改善し、
4回目の治療後は、不安感や無気力は無くなり、
11回の治療で全ての症状が改善さらました。

自律神経失調 不定愁訴 おなかの違和感 だるさ
男性 35歳 会社員

3年間、体が全体的にダルく、少しでも時間があれば横になりたくて
胃腸が重い感じで、薬を飲んでも良くならないという方が、
奥様のご紹介で来院されました。
このお腹の違和感は、体の中の気の巡りが悪いとおきるもので、
鍼で体の中の気の流れを整えれば無くなります。
初回の治療で、お腹の違和感もとれ、体も軽くなったとのことです。
その後は、数か月に一度くらい、症状がでると来院されます。

自律神経失調 不定愁訴 頭痛 めまい 耳鳴り 難聴
女性 38歳 主婦

一年以上も、頭痛、めまい、耳鳴り、難聴
頸・肩・背中の こり に悩まされ
耳鼻科のお医者様で、耳鳴り・難聴の治療も受けたが、
良くならないと来院された主婦の方です。
一回の治療で、耳鳴り・難聴が、しなくなり
耳鼻科のお医者様も驚かれていた、とのご報告をいただきました。

自律神経失調 不定愁訴 肩こり めまい 吐き気
男性 35歳

頸・肩凝りがひどく、めまい がし、吐き気を催すこともあるそうで、
睡眠も浅く、心療内科の薬を服薬中とのことです。
これらの症状がひどくなると来院され、
鍼治療により「かなり楽になります」と言っていただけ
月に 1−2回来院されています。

自律神経失調症 不定愁訴 発汗 ほてり 動悸
女性 29歳

1ヵ月前から、異常な発汗、突然のほてり、動悸で内科を受診し、
「自律神経失調症では?」とお医者様に言われ、来院しました。
一回の治療で、症状が大幅に改善しました。

自律神経失調 不定愁訴 のぼせ 不眠 口の渇き
男性 50歳 会社経営

海外で会社を経営されている方で、来日中にたまたま当院の前を通りかかり来院されました。
一瞬の勘を見逃さず、来院されましたそうです。
口の中が荒れ、喉が渇き、のぼせる、眠れない などでお悩みでした。
1回目の治療で「よく眠れ、いろんな悩みもとても良くなりました」
と 2回目の治療の際、おっしゃっていただき、とても嬉しかったです。
帰国されましたが、再び来日、来院され、
症状はほとんど無いけれど「予防のため」と治療を受けられました。

不定愁訴 めまい 視界の傾き
女性 35歳

「 2、3年前より、めまい 視野の傾きを感じ悩んでます。頭痛もします。
 病院で検査を受けたましたが、どこにも異常は無いと言われました。」
と来院され、今年4月から治療を始められました。
それから週 1回、約半年間通われ、
めまい、視野の傾き も徐々に改善し、
最近は、「気にならなくなりました。仕事での疲れも感じなくなりました。」
と言っていただき、嬉しいかぎりです。

自律神経失調 不定愁訴 頭痛、頸こり・肩こり
男性 32歳 会社員

お仕事がとても忙しく、頸こり 肩こり からくる頭痛でお悩みで
ひどくなると来院されます。
月に 2回程度の割で来院され、
治療後は「楽になりました。」と喜んもらっています。

不定愁訴 やる気がない 倦怠感 頭痛 頸の痛み
女性 35歳 会社員 (IT関係)

昨年、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状を訴えて来院され、
2回の治療でほぼ症状はおさまりました。
一年後の今年また、やる気が出ない、倦怠感、
頭痛、頸の痛みなどの症状で再度来院されました。
今回は、1回の治療でほぼ症状は治まりました。

不定愁訴 パニック障害 多汗症 疲れやすい
男性 40歳 会社員

1年ぐらい前にパニック障害になり、心療内科に通い服薬中の方。
手足の多汗症がひどくなり、疲れ易いと来院されました。
5回治療し、多汗症もかなりおさまりました。
仕事も「以前のようにバリバリやれるようになった」と喜んでいただけました。
仕事が過ぎると、また悪くなる可能性があるので、
「ほどほどにして、治療を続けてくださいね」とアドバイスしています。

自律神経失調 不定愁訴 疲れ 頭痛 めまい こり
女性 32歳 記者

最近疲れがひどく、頭が痛く、めまいもあり、
頸・肩・背中のこりがひどいと来院されました。
未だ慢性化していなかったため、
1回の治療でこれらの症状は無くなりました。
「早め早めに治療を受けられると回復も早い」との好例ですね。

自律神経失調 不定愁訴 おなかの突き上げ 胸痛 腹痛
男性 50歳 会社員

3〜 4年前から、胸やおなかが突きあげるように痛み
帰宅途中に倒れることが何回もあるのに、
大学病院で検査しても、特に異常は発見できませんでした。
心療内科を受診し服薬しているが、良くならないと来院されました。

最初の治療で、おなかを突き上げる痛みの症状は改善しました。
週 1回治療を続け、少しずつ体調が良くなってらっしゃいます。

( おなかを突き上げるような症状は、
 体の中の気の巡りが悪いためにおこるもので、
 東洋医学ではよく知られた症状ですが、
 西洋医学的には検査をしても異常は認められません。)

自律神経失調 不定愁訴 原因不明のおなかの痛み、腹痛
女性 20歳 学生

1年以上前から左の腹部が痛み、病院で検査をしても、
何の異常も見つかりませんでした。
半年前から心療内科を受診し、服薬を続けているが、
効果が無いと来院されました。
最初の治療で腹部の痛みが消え、その後少し戻りましたが
4回の治療で気にならないまでになりました。
( この症状も、体の中の気の巡りが悪いために起きるもので、
 西洋医学では説明がつかないものですが、
 東洋医学では簡単に治療出来ます。)

自律神経失調 不定愁訴 のぼせ 多汗
女性 30歳 会社員

最近、会社での打ち合わせなどで緊張した時に
顔にたくさんの汗をかき、のぼせ が強くなってきたと来院されました。
5回の治療で、汗の量も、のぼせることも少なくなられました。

自律神経失調 不定愁訴 めまい ふらつき 耳鳴り 動悸
男性、60歳、会社員

最近、めまい、ふらつき、耳鳴り、動悸が、酷くなってきたと来院されました。
4回の治療で、これらの症状は大分改善しました。
仕事で頑張りすぎてしまうのか、また症状が強くなり
たまに来院され、改善して帰られます。

胃痛 吐き気 頸・肩・背中・腰のこり 不眠
女性 25歳 会社員

胃痛、吐き気、頸、肩、背中、腰のこり、不眠の症状で来院されました。
1回の治療で、ほとんどの症状は軽くなりました。
頸・肩のこり が、少し残っているため、
通院を続けられていますが、あと数回で終ると思います。

自律神経失調 不定愁訴 肩こり 首こり 偏頭痛 立ちくらみ
女性 35歳 会社員

頸コリ・肩コリが、ひどくなると片頭痛がして、
精神的に不安定な時には、フラフラ感と 立ちくらみ が起きます、
と来院された女性です。
最初の治療で、ほとんど全ての症状が治まりました。
その後は、1〜 3ヵ月に一度、症状が出始めると来院されます。
帰られる時は、いつも明るいお顔になって帰られています。

自律神経失調 不定愁訴 ひどい首こり ひどい肩こり 頭痛
女性 30歳 大学職員

3〜 4年前から日常的な頸と肩のこりに悩まされ、頭痛もしばしば起き
足も張っている、とのことで来院されました。
初回の治療で全ての症状が軽減しました。
その後は、2〜 3ヵ月に一度、症状が出始めると来院されます。
帰られるときは、いつも明るいお顔で帰っていかれます。

すでに元気になられた方々の声を聞いて
希望が湧きましたよね?

自律神経失調・不定愁訴 の症状が発症して数ヶ月の場合、
数回の治療で済みます。

慢性化している場合、
その改善にはかなりの治療回数が必要です。
例えば、5年前に発症したものであれば、
5〜10回の治療で改善がみられ始め、
大幅な改善までには50回以上の治療が
必要となる場合もありますが、ほとんどの方が改善します。

試しに 鍼灸経絡治療 (全身治療)
を受けてみてください。

自律神経 の乱れを整え、全身の気血の巡りを良くするために
痛みを感じない極細の短い鍼(直径約0.16mm、深さ約5mm)を
全身のバランスをみて施術します。

・約 60分 (本治と標治を含む) 施術料: 6,500円
 ( 学生 中・高校生 5,500円 )
 初回のみ上記より 1,000円値引き中!

・初回問診料: 2,000円

施術後、体 や 心 が軽くなったのを感じてください。

ホームページをご覧の方に限り 初回問診料 1,000円を無料にします。ご予約の時に「ホームページ見ました。予約をお願いします。」とお申し付けください。

治療コース時間割表
曜日 鍼灸経絡治療
 火 水 金   朝 10:30 〜 夜 山本 
    昼 11:00 〜 夜 山本 
    昼 11:00 〜 夕 山本 
 休院の日もありますので、 
 電話でお問い合わせ下さい 

今すぐ電話 03-5487-1170 随時受付 月曜 木曜 休診
※ お電話は、何時でもどうぞ。開院時間外でも受付けています。
※ 予約が優先です。
※ 診療中や相談中 などで、電話に出られない場合がございます。
  その際は、お時間を空けてからお掛け直しください。

このページの先頭へ戻る ▲

施術の流れ

ご来院
目黒駅から徒歩 2分
と大変便利な 東和ビル 2階です。地図別ウインドウが開きます
エレベーターがあり、
バリアフリー
で安心です。
お車は、東和ビル正面の
路上コインパーキング
自転車・バイクは、東和ビルの裏手に駐輪できます。


受付け
待合室で、椅子に座って、予診表に記入しながらお待ちください。
予診表は、「パソコンで長時間事務の仕事をしていると、目や頭が〜」など 具体的にご記入いただきますと、より的確な施術ができます。
ご遠慮なさらず、いろいろお書きくださいね。


カウンセリング・検査
施術室で、まずは椅子に座り、予診表を元にカウンセリングいたします。  場合によっては、体を動かしたり、関節を曲げたりして、検査をします。


施術着に着替え
施術着がありますので、どんな服装で来院されても大丈夫です。
カウンセリング・検査の結果により、施術着にお着替えください。
カーテンで仕切れるので、プライバシーは守られます。


施術
施術ベッドには、清潔な 肌触りのいいタオル地のシーツを敷いています。
ゆったりリラックスして施術を受けてくださいね。

【鍼灸経絡治療】の場合
まず、ベッドに仰向けになっていただきます。
両手の脈を診て、さらにお臍の周りを押して違和感を診て、どの経絡に異常があるかを探します。
そして仰向けのまま、経絡の異常に応じて手足の要穴、お臍周り及び頭部に浅く鍼を刺ます。
そのまま 15分程度お待ちください。

次に、うつぶせになっていただき、頭部、頚部、肩部、背中、腰部及び下肢に浅く鍼を刺します。
またそのまま 15分程度お待ちください。

最後に、また仰向けになっていただき、両手の脈の施術前との変化を確認すれば、施術は終わりです。


着替え・カウンセリング・検査
施術後の状態を確認するカウンセリングを行います。
日常生活でのアドバイスなども行います。


予診表に感想を記入
待合室で、予診表に、施術の感想や実感をお書きください。
良かった場合は褒めていただけると嬉しいです。
また、良くなかった場合はどこを改善して欲しいか、ご遠慮なく書いてくださいね。
あなたのお言葉一つ一つを大切に、施術・サービス・居心地が、より良くなるように努力します。


会計・次回の予約
受付け に、予診表をお渡しいただき、お会計となります。
症状によって、次回分の予約をお受けいたします。


以上が、ご来院 〜 施術 の流れになります。
特に、大変なことはありませんね。
安心して、鍼灸マッサージ「響」まで、お越しください。

ホームページをご覧の方に限り 初回問診料 1,000円を無料にします。ご予約の時に「ホームページ見ました。予約をお願いします。」とお申し付けください。 今すぐ電話 03-5487-1170  随時受付
  年末年始は、12/30 〜 1/3 まで休ませて頂きます。
  尚、予約は随時受け付けしています。

※ お電話は、何時でもどうぞ。開院時間外でも受付けています。
※ 予約が優先です。
※ 診療中や相談中 などで、電話に出られない場合がございます。
  その際は、お時間を空けてからお掛け直しください。

このページの先頭へ戻る ▲